弊社では本 Web サイトの運用と使いやすさの向上とアクセス数の把握のために Cookie を使用しています。本サイトを利用することにより、利用者は Cookie の使用に同意したことになります。
詳細 |
レッスンおよびラーニング パスのカタログ
並べ替えの基準:
ラーニング タイプ:
アクセス レベル:
Convert non-SOLIDWORKS data to “intelligent” native SOLIDWORKS features using FeatureWorks. Automate the conversion of imported parts into SOLIDWORKS features. Convert specific features interactively. Use Volume features to recognize geometry that does not match any other feature type. Convert imported sheet metal parts into SOLIDWORKS features. Convert imported assemblies and multibody parts into feature-based, parametric models.
Learning Path
5 日間 前
この学習モジュールのレッスンでは, SOLIDWORKS の部品,アセンブリ,および図面の概要について簡潔に説明します。 ロールバックを使用して部品を調べ,どのように作成されたかを確認します。フィーチャーの順序を変えて,フィーチャー,スケッチ,スケッチ平面を編集します。 アセンブリに部品を追加したり,既存の部品の向きを変更してアセンブリを作成します。合致を追加して構成部品を接続します。 既存の部品ファイルから図面を作成し,基本ビューを追加して,寸法や吹き出しを追加/操作します。
Learning Path
3 月 前
サンプル演習の問題をレビューして,SOLIDWORKS Professional 認定試験の準備を行います。 CSWP サンプル試験の一部について部品をモデリングします。 CSWP サンプル試験の別の部分の部品を変更します。 CSWP サンプル試験の最終部分のアセンブリを作成します。
Learning Path
4 月 前
インパクトのあるコンテンツとエクスペリエンスを通してイマジネーションを現実化することで,商品のデザインやマーケティングを向上しましょう。 SOLIDWORKS Visualize を使用すると,だれもがプロフェッショナルな写真画質のイメージ,アニメーション,その他の 3D コンテンツを,可能な限りすばやく簡単に作成できます。 インポート プロセスを理解して,Visualize プロジェクトをセットアップする。 ユーザー インターフェースと,よく使用される機能をマスターする。 新しい外観を作成,調整,および追加する。 環境,光,およびバックプレートを管理する。 あらかじめセットされたカメラ フィルタを使用するか,カスタムのカメラ設定を作成する。 SOLIDWORKS Visualize のイメージおよびビデオ出力オプションを使用して,写真画質のコンテンツを作成する。
Learning Path
4 月 前
Learn about some of the key features of SOLIDWORKS Composer.
Learning Path
5 月 前
これらの学習モジュールをレビューして,CSWPA - 板金試験準備コースの準備を行います。 試験を受験する前にレビューする必要がある SOLIDWORKS ソフトウェアの領域を理解します。 ベース フランジ,エッジ フランジ,スケッチ ベンド,閉じたコーナーなど,CSWPA - 板金試験準備コースのトピックについて学習します。 サンプル試験の問題をレビューします。
Learning Path
6 月 前
Learn about SOLIDWORKS Product Data Management (PDM) to help you get your design data under control and substantially improve the way your teams manage and collaborate on product development.
Learning Path
6 月 前
SOLIDWORKS での板金部品で使用可能なツールについて学習します。 インポートしたジオメトリを板金フィーチャーに変換して,部品を編集および展開します。 スイープ フランジを作成して,関連するオプションをレビューします。 スケッチのプロフィールの間にロフトを作成して板金部品を作成します。 マルチボディ板金部品設計により,潜在的に異なる材料の複数の板金ボディを 1 つの部品ファイル内に作成できます。 溶接部品に板金フィーチャーを作成します。 板金ボディを .dxf または .dwg ファイルへエクスポートします。 フォーム ツールを使用すると,板金の曲げ,伸ばし,あるいは成形できます。 板金部品に固有のゲージ テーブルとベンド テーブルを確認および作成します。
Learning Path
1 年 前
プロダクト エンジニア向けのパワフルで直感的な構造解析ツールである SOLIDWORKS Simulation について学習します。 eLearning モジュールの内容は次のとおりです。 SOLIDWORKS Simulation 製品スイートについて確認します。 Simulation ユーザー インターフェースの概要とセットアップ プロセスについて説明します。 接触,ボルト,およびリモート荷重についてアセンブリのテスト方法を学習します. 接触階層,ピン結合,スプリング結合定義についてアセンブリのテストを学習します。 薄厚構造のモデルにシェルを使用する方法を学びます。 要素のサイズが応力,ひずみ,変異にどのような影響を与えるかを確認することで,メッシュ収束の概念を理解します。 設計を最適化し,モデル寸法を変更してモデル重量を減らす方法を学びます。 アセンブリ構造の固有振動数とモードを解析します。 疲労解析モジュールを使用して,繰り返し負荷のかかる条件下の構造を解析する方法を学びます。 荷重定義マネージャーを使用して,異なコンフィギュレーションの荷重を結合する方法を学ぶ。 輻射,伝導,対流を考慮して製品の熱挙動をテストします。 大きなアセンブリの一部を解析することで時間を節約し,サブモデリングにより正確な結果を得る方法を学びます。
Learning Path
2 年 前
SOLIDWORKS MBD について学習します。 SOLIDWORKS MBD の概要から始めます。 DimXpert ツールの概要を理解します。 高度な DimXpert テクニックを使用して,製品製造情報(PMI)を整理する方法を学習します。 アセンブリで DimXpert を使用します。 自動寸法スキームを使用します。 PMI ツールを使用して,3D でモデルを定義します。 注釈ビューを使用して PMI を整理します。 部品およびアセンブリで 3D ビューを作成します。 3D PDF テンプレート エディタについて理解します。 3D PDF および eDrawings ファイルを作成および使用します。 高度な 3D PDF 機能を学習します。 SOLIDWORKS MBD の使用方法に関する 3 つのスタディをレビューします。
Learning Path
2 年 前
FloXpress を使用して,モデル内の流体の流れを計算する方法について学習します。 FloXpress で計算流体力学(CFD)を用いたファースト パス流体フロー解析を実行します。 FloXpress での CFD 解析のセットアップ方法を学びます。 FloXpress を使用した CFD 解析の結果を出力して解釈します。
Learning Path
2 年 前
DriveWorksXpress を使用して,設計プロセスを自動化する方法について学習します。 DriveWorksXpress と設計プロセスを自動化する方法を確認します。 寸法,フィーチャー,ユーザー定義プロパティ,コンフィギュレーションをキャプチャして,ユーザー定義の出力モデルを駆動します。 フォーム パネルを使用して,キャプチャされたアイテムを駆動するための数値またはテキストを入力できるデータ入力フィールドを作成します。 ルール パネルを使用して,キャプチャしたモデルをデータ入力用に作成したフォームへリンクします。
Learning Path
2 年 前
外観のコントロールやコンフィギュレーションの使用など,アセンブリで作業を行うために役立つツールについて学習します。 平面または平坦な面に対してアセンブリ構成部品をミラーリングします。 表示状態で表示プロパティをコントロールします。 構成部品,面,フィーチャー,ボディ,または部品に色やテクスチャなどを適用します。 アセンブリ構成部品をプロパティ別に表示,並べ替え,および選択します。 コンフィギュレーションを使用して,アセンブリの複数のバージョンを表します。 設計テーブルを使用して,構成部品と合致を設定します。 SpeedPak コンフィギュレーションを使用して,パフォーマンスを改善します。 アセンブリ エンベロープを参照構成部品および選択ツールとして使用します。 レイアウトベースのアセンブリ設計を使用して,スケッチ ブロックをベースにアセンブリ全体を作成します。
Learning Path
2 年 前
SOLIDWORKS でルーティングを使用して,構成部品間のチューブ経路をモデリングする方法の基礎について学習します。 ルーティングを使用して,配管,チューブ,および電気ケーブルを作成します。 標準の管継手を使用して,既存の構成部品間に直交する配管ルートを作成します。 既存の構成部品間にフレキシブル チューブ ルートを作成して編集します。 適切な注釈の付いたチューブ図を作成します。
Learning Path
2 年 前
SOLIDWORKS でルーティングを使用して,構成部品間の配管経路をモデリングする追加のツールについて学習します。 ルート ジオメトリと管継手を編集します。 既存のサーフェスから特定の距離のところにルートを作成します。 ユーザー定義ルート アセンブリ テンプレートを作成します。 カスタム ルート仕様テンプレートを作成および使用します。 ルーティング構成部品ウィザードを使用して,新しい管継手を作成します。 配管計装図ファイルのインポート方法を学習します。
Learning Path
2 年 前
SOLIDWORKS でルーティングを使用して,構成部品間の配管経路をモデリングする方法の基礎について学習します。 ルーティングを使用して,配管,チューブ,および電気ケーブルを作成します。 配管ルート ジオメトリを自動的に生成します。 3D スケッチ ルートを手動で作成して,配管を定義します。 インライン管継手を追加して,向きを変更します。 ルート分割ツールを使用して,ルートに接触点を追加します。 配管アセンブリから配管図を作成します。
Learning Path
2 年 前
SOLIDWORKS でルーティングを使用して,構成部品間の電気ケーブルの経路をモデリングする方法の基礎について学習します。 電気ルートを開始するプロセスについて学習します。 クリップを挿入して使用し,ルート作成のガイドにします。 3D 電気ルート アセンブリから 2D ルート図面を作成します。 ルートを展開すると,3D アセンブリから 2D ルート図面が作成されます。 始点-終点リストを使用して,データを電気ルート サブアセンブリにインポートします。 リジッドな導管と配線経路の作成方法を学習します。
Learning Path
2 年 前
マルチボディ ツールを使用して,SOLIDWORKS での部品設計を容易にします。 結合ツールを使用して,ソリッド ボディのボリュームを結合します。 コアをモデリングし,パターン ツールによって部品を設計します。 フィーチャーを個別のボディに分割して,目的のフィレットを作成します。 マルチボディ部品の分解図を作成します。 内部カットをソリッド フィーチャーとしてモデリングして,除去します。 マルチボディ板金部品設計により,潜在的に異なる材料の複数の板金ボディを 1 つの部品ファイル内に作成できます。
Learning Path
2 年 前
SOLIDWORKS のモールド設計ツールについて学習します。 溶接部品の設計の概要について確認します。 カット リストを作成して,ボディを溶接部品にまとめます。 部品の厚さを分析して欠陥がないかどうか確認します。 モールド部品のアンダーカット領域を特定します。 部品にパーティング ライン フィーチャーを作成します。 シャットオフ サーフェスを使用して,開いているモールド領域を閉じます。 パーティング ラインを使用して,パーティング サーフェスを作成します。 モールドおよびモールドのアセンブリにインターロック サーフェスを作成します。 コア コマンドを使用して,分離の妨げとなる領域のあるモールドのサイド コアを作成します。
Learning Path
2 年 前
SOLIDWORKS 部品での溶接に使用できるツールについて学習します。 溶接モデルの鋼材レイアウトの作成方法を学習します。 溶接モデルの複雑なトリムと延長について確認します。 グリッド システムを参照ジオメトリとして使用する方法について学習します。 溶接に固有の機能を使用して,溶接図面を詳細に設定します。 溶接部品に板金フィーチャーを作成します。
Learning Path
2 年 前
SOLIDWORKS 部品での溶接の基本的な使用方法について学習します。 溶接部品の設計の概要について確認します。 カット リストを作成して,ボディを溶接部品にまとめます。 部品にフィレット ビードと溶接ビードを作成します。 溶接モデルの鋼材レイアウト フィーチャーは,鋼材レイアウトのプロフィールを使用して,部品のボディを生成します。
Learning Path
2 年 前
SimulationXpress について学習し、部品の応力解析を簡単に行います。 部品の応力解析を行うための SimulationXpress について確認します。 部品を解析するために必要な手順を確認します。 SimulationXpress を使用して、メッシュを調整したり、シミュレーションを実行して解釈し、保存します。 解析結果に基づいてモデル寸法を最適化します。
Learning Path
2 年 前
SOLIDWORKS Costing について学習し、一部の部品の製造コストを計算します。 Costing ツールを使用して、機械加工部品のコストを決定します。 Costing ツールを使用して、板金部品のコストを判別します。
Learning Path
2 年 前
平面,点,カーブなどの参照ジオメトリについて学習します。 既存の平面またはモデル ジオメトリに基づいて平面を作成します。 点,軸,および座標系を作成してフィーチャーの作成に利用し,測定ツールの使用に役立てます。 スケッチをスケッチまたは面に投影して,3D カーブを作成します。 モデルの面の交差箇所に 2D または 3D スケッチを作成します。 原点に相対的な一連の X,Y,Z 位置を通るカーブを作成します。 関係式によって定義されたカーブを作成します。 スイープのパスとして可変ピッチのらせんを使用して,ばねをモデリングします。
Learning Path
2 年 前