eDrawings 2018では、関係者とのコラボレーションを強化するための拡張機能が数多く搭載されています。 【デカルを正確に表示】 部品またはアセンブリファイル内にデカルを含めるオプションを有効にすることで、eDrawingsファイルにデカル情報を含めることができます。 すべてのデカルを正確に表示できます。 【マークアップの有無】 マークアップの有無は、新しいマークアップアイコンですぐに確認できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
本ブログでご紹介している、SOLIDWORKSの基本的な機能や操作を説明する「1分動画」が、先日でvol.1〜vol.20まで公開となりました。操作に困った時にすぐ調べられるように、今回はその20件をまとめてご紹介いたします!SOLIDWORKSの操作に困った時のお役立て記事として永久保存版にしてください! ① 設計から製造 高品質の製品を低コストでより迅速に提供することが求められるようになった今、企業は設計から製造までのワークフローの合理化を常に考えています。優れた製品は優れた設計から始まります。SOLIDWORKSにはコンセプトから部品・アセンブリを作成 するためのツールが用意されています。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
SOLIDWORKS 2018では、たくさんの図面作成の機能を強化しています。 【3Dモデルビュー】 図面に新しいビューを追加すると、既存の3Dモデルビューがパレットに表示され、図面に挿入できます。アノテートタイプを選択できるさまざまなオプションが用意されており、ドラッグ&ドロップでビューを簡単に挿入できます。このモデルベースの設計機能により、図面作成にかかる時間が短縮されます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
SOLIDWORKS 2018ではアセンブリの機能がさらに強化されています。より迅速かつ簡単にアセンブリ設計をすすめることができます。 【回転オプション】 構成部品の直線パターン作成機能に回転オプションが追加されました。あらゆるタイプの設計作成をスピードアップでき、フィーチャーを追加する手間が省けます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
SOLIDWORKS2018 では 3D Interconnectの機能がさらに強化されています。 【フォーマットの変換作業が不要】 STEP・IGES・ACISといった中間フォーマットの変換作業が不要になり、そのままSOLIDWORKS アセンブリの構成部品として扱うことができます。 【ファイルの変更や置換を認識】 ニュートラル形式のファイルは、ファイルの変更や置換を認識します。また、サードパーティ製のネイティブファイルと同様に、削除や再インポートを行わなくても簡単に更新できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
アセンブリには可動部品が多数含まれているので、可動範囲の自由度が高くなります。自由度が高くなるほどアセンブリの操作は難しくなるため、合致を追加したりして動作をある程度固定するなどしてきました。しかし、合致が複雑になった場合、位置決めに想像以上の時間がかかる場合があります。SOLIDWORKS 2016はこのような問題を合致コントローラで解決します。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
4 months ago
SOLIDWORKS 2017では、断面を表示しながら作業するときの作業性を改善する優れた機能を利用できます。断面表示された構成部品やボディが透過表示できるため、断面平面によって非表示になっているジオメトリを常に完全に表示できます。 【PropertyManager】 PropertyManagerの新しいオプションでは、構成部品を選択し透明度レベルを設定でき、複雑な設計であっても容易に認識できます。 【透明に設定】 断面図を作成する際に、個別のボディや構成部品を透明に設定できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
5 months ago
SOLIDWORKS MBDは、生産作業の合理化を図るための製造工程統合ソリューションです。PMI(Product Manufacturing Information:製品製造情報)と3Dモデルデータを業界標準のファイル形式で定義、編成、共有できます。 【アノテート機能】 各3Dビューには、製造上重要な情報がわかりやすく表示されます。また、アノテートをすべて表示する機能や、表示平面に合わせてアノテートを自動的にフェードするダイナミックなアノテート機能もあります。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
5 months ago
SOLIDWORKS Simulation 2016では、部品の動きのシーケンス化とメッシュ品質のコントロールが改善され、特にユーザーから要望の高かった機能を搭載。スペシャリストから解析初心者まで、いっそう幅広く活用いただけます。 【サイドリリースクリップ】 サイドリリースクリップでは、挿入と抜去の操作のパフォーマンスを検証することが重要。クリップを挿入および抜去する拘束は、0.5秒で挿入され、その位置に少し留まってから、0.25秒で抜去されます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
6 months ago
SOLIDWORKS 2016ではアセンブリにさまざまな拡張が加えられ、アセンブリプロセスの生産性アップと高速化を実現しています。 【状況依存ツールバーに追加】 輪郭中心合致(Profile Center Mate)が、クイック合致(Quick Mates)ツールバーに追加。この合致のコントロールはすべて、円筒面を選択した際に使用する回転ロックオプションも含み、Property Managerにアクセスしなくても使用できます。また、3つの面を選択した場合は対称合致、4つを選択した場合は幅合致を使用できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
8 months ago
SOLIDWORKS Visualize Standard2017は、SOLIDWORKSインストールと完全に統合されました。ProfessionalおよびPremium CADユーザーのサブスクリプション継続ユーザー様の特典として利用できます。 SOLIDWORKSインストールに統合されたことにより、新しいシリアル番号が必要です。このシリアル番号は、スタンドアロン ライセンスまたはネットワーク ライセンスを問わずサブスクリプション継続ユーザー様であれば取得できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
8 months ago
2016バージョンよりSOLIDWORKS PDM製品の名称が変更となりました。また、あらたにSOLIDWORKS PDM Standardが加わり、SOLIDWORKS製品のデータ管理を小規模から大規模まで広くカバーします。SOLIDWORKS PDM Standardは、CAD製品のSOLIDWORKS Professional、およびSOLIDWORKS Premiumにバンドルされます。 【堅牢性に優れたデータ管理ツール】 SOLIDWORKS PDM Standardでは、すべてのデータを安全に保護されたボルトで一元管理するので、データの表示や変更を許可するユーザーを限定することが可能です。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
9 months ago
SOLIDWORKS 2017は、多くの図面機能を強化しています。作業負担を減らすための新機能や、表現をよりわかりやすくなるよう改良されています。 【断面表示の輪郭を強調】 ISO規格に準拠した断面部分を、他の構成部品より目立たせることができます。強調に使用するスタイルは簡単に変更でき、ドキュメント オプションから値を選択して、正しい太さとスタイルを指定できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
10 months ago
一日の仕事を終えようとしているとき、上司から面倒な頼みごとをされました。目前に迫ったプレゼンテーション用に自社製品の魅力的なイメージを作成して欲しいというのです。ラッキーなことにあなたのコンピュータには SOLIDWORKS Visualize がインストールされたばかりでした。 注意: Visualize は SOLIDWORKS またはご使用の CAD パッケージと同じマシンにインストールする必要はありません。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
10 months ago
SOLIDWORKS 2016は、3Dモデルの印刷をサポートするさまざまな拡張があります。モデルで更にフィーチャーを追加する必要がなくなるなど、作業手順の低減化が図れます。 【モデルのスケーリングが可能】 印刷体積内で最大許容サイズに調整できます。この機能は、紙のプリンターと同様の感覚でプリント直前に調整することができ、プリンタの利便性も向上します。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
11 months ago
使いやすいレンダリングツールのSOLIDWORKS Visualize 2017は、オブジェクトの外観の変更は必要とせず、シンプルにスライダーをスライドさせるだけで、オブジェクトの透明度を変更することができます。 【アニメーションで表示する機能】 複雑な内部の構造部品を詳細に見るために、透明度コントロールスライダーに加え、オブジェクトを切断するカット平面の追加と、カット平面の位置を徐々に変更し、アニメーションで表示する機能を利用できます。カット平面とは、SOLIDWORKSでいう断面図に近いイメージです。 【単純エクスポート機能】 SOLIDWORKS CADデータをSOLIDWORKS Visualize 2017に単純にエクスポートするには、単純エクスポート機能を利用します。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
数百万人のユーザーが疑問の解消や知識の習得に利用しているMySolidWorks。SOLIDWORKSについて学び、体験できる、まったく新しい方法です。 現在14ヵ国語に対応しているMySolidWorksは、数百万人のSOLIDWORKS設計者、教職員、学生が参加するCAD業界最大級のSOLIDWORKSコミュニティへの入り口です。MySolidWorksには、以下のようなメリットがあります。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
数百万人のユーザーが疑問の解消や知識の習得に利用しているMySolidWorks。SOLIDWORKSについて学び、体験できる、まったく新しい方法です。 現在14ヵ国語に対応しているMySolidWorksは、数百万人のSOLIDWORKS設計者、教職員、学生が参加するCAD業界最大級のSOLIDWORKSコミュニティへの入り口です。MySolidWorksには、以下のようなメリットがあります。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
SOLIDWORKS eDrawingsには、後工程で情報を可視化する機能をサポートする多彩な機能拡張があります。 【構成部品の注記】 構成部品の注記が構成部品タブに表示され、アセンブリの構造を把握しやすくなります。ツールチップには、注記と構造部品名が表示されます。 【モデルの操作性】 モデルを縮小表示すると、画面の中心ではなくモデルの中心が回転軸になります。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
SOLIDWORKS 2017では、他のCADベンダーのネイティブデータも直接活用できます。これにより、現在行っている協調設計作業や、SOLIDWORKSへの移行の負荷を大幅に軽減します。 【3D Interconnectのファイル形式】 3D Interconnectで使用されるファイル形式は、これまでの変換プロセスよりもすばやく開くことができます。また、管理が必要な追加のファイルも存在しないため、これらのワークフローで実施しなければならない追加のタスクも削減されます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
SOLIDWORKS Electricalは、電気設計者と機械設計者の両方の手助けとなる、画期的な設計ツールです。 【使用したいプロジェクトを素早く検索】 プロジェクトマネージャーの新しいフィルタオプションは、設計者がプロジェクト名、詳細、作成/更新日などを設定して、使用したいプロジェクトを素早く検索することができます。電気設計で作成するプロジェクトを、プロジェクト名だけでなく、詳細情報や作成者の名前などでも検索できます。 【結線図がより便利】 設計者は結線図から配線図へ直接シンプルにコピー&ペーストすることができ、業務手順が簡素化され、全ての情報にアクセスできる結線図がより便利です。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
SOLIDWORKSの溶接機能は繰り返し行う鋼材レイアウト、溶接リブ、エンドキャップなどの作業を素早く完了できます。 【薄い部品におけるエッジのにじみ】 薄い部品の場合、部品のサーフェスから「にじんで」一致構成部品のエッジが表示されますが、拡大や回転時にも表示されてしまいます。しかしSOLIDWORKS 2014では、モデルの回転または拡大を停止すると消えて表示されなくなり、より美しい画面キャプチャや見栄えのよい画面表示を可能にします。 【コンフィギュレーションが可能な溶接輪郭】 鋼材などのパターンが膨大な部品も、より効率的に管理できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
SOLIDWORKSで作成したすべての板金部品やフィーチャーは、展開することが可能です。板金部品を作成するために欠かせない製造情報を活用することで、設計時間を大幅に短縮できます。 【スイープフランジにおける円筒形と円錐形への対応】 SOLIDWORKS 2012で導入された「スイープフランジ」は強力な板金設計ツールです。SOLIDWORKS 2014では、「スイープフランジ機能」に新しいオプションが加わり、アンフォールドする際に、どのエッジにアンカーを作成するかを正確に制御できるようになりました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
前回の1分動画から引き続き、今回も図面に関する基本操作の1分動画をご紹介します。 【注記やバルーンの引出線】 編集可能で、この引出線は、特許明細書の図面や、部品をポイントした線を引くときに便利です。 【角度寸法】 角度寸法の追加では、作図ジオメトリを作成する必要がなくなりました。マニピュレータが表示されるので、対象とするエッジを選択して寸法を作成します。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago