We use cookies to operate this website, improve its usability and track visits. Please note that by using this site you are consenting to the use of cookies.
Learn More |
(MBD 導入における 10のポイント)ブログでは,MBD 導入における 10 の必須事項と 10 の禁止事項を 3 つの主要要素ごとにまとめました。 人: 組織の構造と意識 プロセス: 手法,手順,ツール 製品::製品設計と製造 表 1: MBD 導入における 10 の注意点 どんなときでも最も重要なのは人々です。そもそも人がいなければ何も始まりません。そこで,今回は人にかかわる 1 つめの注意点(トップダウンで推進する)について解説します。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 day ago
SOLIDWORKS 2016ではアセンブリにさまざまな拡張が加えられ,アセンブリプロセスの生産性アップと高速化を実現しています。 (状況依存ツールバーに追加) 輪郭中心合致(Profile Center Mate)が,クイック合致(Quick Mates)ツールバーに追加。この合致のコントロールはすべて,円筒面を選択した際に使用する回転ロックオプションも含み,Property Managerにアクセスしなくても使用できます。また,3つの面を選択した場合は対称合致,4つを選択した場合は幅合致を使用できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 days ago
形づくりに境界は,ない。 こんにちは,阿武です。今回からはアート作品の制作話を数回に分けて綴ります。え?SOLIDWORKS Industrial Designerのブログだからデザインの話が聞きたいのに!と思われる方がいるかもしれません。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
7 days ago
Oboe Wu 著 2015年11月12日 以前のブログでは,モデルベース定義(MBD)の確かなメリット,機会拡大,そして行動しない(急成長の流れに加わらない)場合の損失について紹介しました。詳しくは表 1の注意点(躊躇しない)(Part 1,Part 2)についての記事をご覧ください。さて,導入の直前まで進んでいる方々には,(いきなり大規模に展開しない)という実用的なアドバイスを送りたいと思います。 表 1: MBD 導入における 10 の注意点 導入初期に張り切りすぎた事例を見てみると,さまざまな厳しい教訓を得ることができます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
10 days ago
Oboe Wu 著 2015年11月12日 以前のブログでは,モデルベース定義(MBD)の確かなメリット,機会拡大,そして行動しない(急成長の流れに加わらない)場合の損失について紹介しました。詳しくは表 1の注意点(躊躇しない)(Part 1,Part 2)についての記事をご覧ください。さて,導入の直前まで進んでいる方々には,(いきなり大規模に展開しない)という実用的なアドバイスを送りたいと思います。 表 1: MBD 導入における 10 の注意点 導入初期に張り切りすぎた事例を見てみると,さまざまな厳しい教訓を得ることができます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
10 days ago
モデルベース定義(MBD)を題材としたこれまでのブログでは,表 1 の(トップダウンで推進する)と(躊躇しない)(Part 1,Part 2)を取り上げました。今回は人にかかわる 2 つめの注意点(導入推進チームを設置する)について解説します。MBD 導入の主導権を握り,反対意見をやり過ごす上で,専門の対策チームは絶対に欠かせない存在です。このチームは,成功に対して報酬を受ける一方で,失敗に対する責任も負います。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
15 days ago
SOLIDWORKS Visualize Standard2017は,SOLIDWORKSインストールと完全に統合されました。ProfessionalおよびPremium CADユーザーのサブスクリプション継続ユーザー様の特典として利用できます。 SOLIDWORKSインストールに統合されたことにより,新しいシリアル番号が必要です。このシリアル番号は,スタンドアロン ライセンスまたはネットワーク ライセンスを問わずサブスクリプション継続ユーザー様であれば取得できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
21 days ago
2016バージョンよりSOLIDWORKS PDM製品の名称が変更となりました。また,あらたにSOLIDWORKS PDM Standardが加わり,SOLIDWORKS製品のデータ管理を小規模から大規模まで広くカバーします。SOLIDWORKS PDM Standardは,CAD製品のSOLIDWORKS Professional,およびSOLIDWORKS Premiumにバンドルされます。 (堅牢性に優れたデータ管理ツール) SOLIDWORKS PDM Standardでは,すべてのデータを安全に保護されたボルトで一元管理するので,データの表示や変更を許可するユーザーを限定することが可能です。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
前回の(躊躇しない)(Part 1)ブログでは,MBD 導入がなぜ急務なのか,どうすれば上層部のサポートを得られるのか,どのような具体的なメリットがあるのか,どのような懸念があるのか,といった疑問点に触れました。今回も引き続き,一般的な反対意見を見ていきます。 本当に 2 次元図面から転換することはできるのか 次のような疑問を抱く人は多いようです: 2 次元図面は 200 年以上使われてきた。役立っているし,定着もしているのに,MBD に差し替えることなど本当に可能なのか?
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
第三回でも引き続きWaseda Formula Projectのチームリーダーを務める鈴木峻大さん,テクニカルリーダーの小河広明さん,シャシ担当の藤井裕斗さん,マネジメント班リーダー鷲尾拓哉さんに,SOLIDWORKSを活用したフォーミュラカーの設計や解析,さらには評価の際に使用した製品についてお伝えしていきます。 チームの目標達成を支えたSOLIDWOKRS 規定以上の強度であれば,自由に設計できるフォーミュラカー。毎年改良されフィーリングも変わるというマシンの製作では,配管.電装以外の全ての設計においてSOLIDWOKRSを活用してくれているそうです。さらに,解析では強度や剛性が必要となる部品はもちろん,流体力学が絡んでくるエンジン周りにも,SOLIDWOKRS Flow Simulationを活用しているといいます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
最新のPCB設計テクノロジーとメカ設計との融合 今日,イノベーティブな製品の開発を成功させるにはメカ設計とエレクトロニクス設計のコラボレーションが欠かせません。SOLIDWORKS PCBの真価はパワフルでシームレスなSOLIDWORKS CADとのコラボレーションの実現にあります。PCBを迅速で容易に設計するための高い生産性を追及し,最高のPCB設計テクノロジーと,使いやすいユーザーインターフェイスを結合したSOLIDWORKS PCBの製品サイトを新しくOPENしました! SOLIDWORKS PCBは,最新のPCB設計テクノロジーと,現時点で可能な,最高レベルのエレクトロニクス設計とメカ設計両チーム間のスムースなコラボレーションとを結合したものです。SOLIDWORKS PCBは今日の複雑な設計要件を満たすパワフルなPCB設計の機能セットを提供するという,基本的なフォーカスに妥協を許しません。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
SOLIDWORKS Visualizeを使ってレンダリングした作品を募集します!応募いただいた作品は,11月に東京.大阪で実施されるSOLIDWORKS WORLD JAPAN 2017で人気投票を行いTOP3 には賞品としてAmazonギフト券を差し上げます。また,3次元データに新たな付加価値を提供し,斬新なプロモーション活動に利用できると認められる作品についは,ソリッドワークス.ジャパン株式会社より,SOLIDWORKS特別賞を授与し,作品は次回製作のノベルティにイメージを使用させていただきます。応募締め切りは,10月30日(月)までです。詳細は,応募ページでご確認の上,ご参加ください!皆様のすばらしい作品をお待ちしております! SOLIDWORKS Visualize Standardは,SOLIDWORKS 3D CAD Professional または Premium をお持ちでSubscription Serviceに加入しているお客様は,無料でダウンロードして,利用いただけます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
SOLIDWORKS 2017は,多くの図面機能を強化しています。作業負担を減らすための新機能や,表現をよりわかりやすくなるよう改良されています。 (断面表示の輪郭を強調) ISO規格に準拠した断面部分を,他の構成部品より目立たせることができます。強調に使用するスタイルは簡単に変更でき,ドキュメント オプションから値を選択して,正しい太さとスタイルを指定できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
5月にブログでご紹介した大阪府立茨木工科高等学校の教育事例の第2弾として,木本教諭よりご紹介いただきます。 本校のCAD室には,ねじジャッキの実物が長らく見本として飾られていました(写真左)。授業担当者が長年生徒にわかりやすい授業を目指し(機械設計から手描き製図そしてCADへ)このねじジャッキの機構モデルも本校では活躍してきたものなのです。機械系専門科目の授業時間数短縮により,残念ながらただ飾られているだけだったのこのモデルを今回,SOLIDWORKSの力を借りて,スケッチ製図からパーツモデルを作製して,STLファイルに変換して3Dプリンターで同一形状を作製してみることにしました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
一日の仕事を終えようとしているとき,上司から面倒な頼みごとをされました。目前に迫ったプレゼンテーション用に自社製品の魅力的なイメージを作成して欲しいというのです。ラッキーなことにあなたのコンピュータには SOLIDWORKS Visualize がインストールされたばかりでした。 注意: Visualize は SOLIDWORKS またはご使用の CAD パッケージと同じマシンにインストールする必要はありません。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
第二回ではWaseda Formula Projectのチームリーダーを務める鈴木峻大さん(右上),テクニカルリーダー小河広明さん(左上),シャシ担当藤井裕斗さん(左下),マネジメント班リーダー鷲尾拓哉さん(右下)に興味を持ったきっかけや将来の夢などのお話を伺いながら,フォーミュラカーの製作工程とその中で活用されているSOLIDWOKRSのメリット,さらにはスポンサーによる支援の輪などについてお伝えしていきます。 早稲田大学理工学部キャンパス(ものづくり工房)にお邪魔してお話を伺いました。 きっかけはゲームだった!?
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
第二回ではWaseda Formula Projectのチームリーダーを務める鈴木峻大さん(右上),テクニカルリーダー小河広明さん(左上),シャシ担当藤井裕斗さん(左下),マネジメント班リーダー鷲尾拓哉さん(右下)に興味を持ったきっかけや将来の夢などのお話を伺いながら,フォーミュラカーの製作工程とその中で活用されているSOLIDWOKRSのメリット,さらにはスポンサーによる支援の輪などについてお伝えしていきます。 早稲田大学理工学部キャンパス(ものづくり工房)にお邪魔してお話を伺いました。 きっかけはゲームだった!?
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
MySolidWorksは,全世界100万人以上のSOLIDWORKSユーザーのためのオンライン ハブサイトです。数万人単位のユーザーがMySolidWorksを毎日使用して,SOLIDWORKSの最新情報を取得したり,SOLIDWORKSコミュニティと接続したり,認定試験の準備を効果的に進めています。 現在(2017年6月1日以降),2017年12月末日までの期間限定で,SOLIDWORKSをアクティブなサブスクリプション契約付で購入された方は,最高のCADソリューションだけでなく,さらなる特典を獲得できます。設計の高速化とスマート化に貢献する最高のリソースを集めたMySolidWorks Professionalの1年分のサービス(36,000円相当)を無料でご利用いただけます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
今回は,SOLIDWORKSユーザーグループが開催するイベントを2つご紹介します。お近くにお住いの方は是非ご参加ください! 初心者向け技術交流会 in 大阪SWJUG Team Osaka が,SOLIDWORKSユーザー同士助け合いの精神で,勉強会を開催します! 日時: 2017年7月15日(土)14:00~17:30 (懇親会 18:00~) 会場: 明治安田生命大阪梅田ビル 12F 詳細: こちら 今回は,SOLIDWORKS初心者向け企画として,(仕事を楽にする3D CAD SOLIDWORKSの使い方)を参加者で検討する会を予定しています!SOLIDWORKSを使い始めてお悩みいっぱいの方,お待ちしております。 技術交流会 in 福岡筑紫野市にある三松株式会社さんの会議室で,技術交流会を開催します! 日時: 2017年7月8日(土)13:00~18:30 (懇親会 18:30~) 会場: 福岡県筑紫野市 三松株式会社 会議室 詳細: こちら その他の地域でのイベントやSWJUG(SOLIDWORKS Japan User Group)の活動は下記バナーから公式コミュニティサイ
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
前回のブログでは MBD をトップダウンで推進することが重要であると紹介しました。 次は当然,MBD にはどのような具体的なメリットがあるのか,どうすれば上層部のサポートを得られるのか,MBD にはどのような具体的なメリットがあるのか,どのように反対意見に対処するのか,といった疑問が浮かぶでしょう。全 2 回の(躊躇しない)(Part 1,Part 2)のブログでは,人々の意識改革という観点から疑問に答えていこうと思います。 (MBD 導入における 10 のポイント)ブログで述べたように,MBD は理にかなった考え方であり,SOLIDWORKS ユーザーの 58% は製品製造情報(寸法,公差,データム,部品表,表面仕上げ,注記,溶接記号,関連メタデータなどの PMI)を 3 次元モデルに直接定義することを検討しています。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
SOLIDWORKSジャパンブログ(プロダクトデザイナー阿武優吉ブログ)でお馴染みの阿武さんがBike Shield製作について,Bike Shield制作依頼者で実際にBike Shieldを製造した株式会社依田工業所の依田社長との製作裏話対談をご覧ください! Profile: 依田 邦彦様 : 株式会社依田工業所 代表取締役社長 阿武 優吉様 : 株式会社アンノデザインオフィス 代表取締役 工業デザイナー 依田社長の趣味は自転車 最近は,特に都心部では,健康志向,エコ,渋滞等交通事情もあってか自転車人口が増えているのを感じますよね。実用的なママチャリから趣味の高級自転車まで種類も豊富になり,値段も車が買えるほどの高級なものまでさまざまあります。依田さんは,高校生のころからずっと生活の中に自転車があるような方で,ロードバイクだけじゃなくて自転車全般,特に最近はどちらかというとマウンテンバイクに凝っていて何台も自転車を持っている自転車大好き人間。最近,そんな依田さんのような自転車好きの中で最近多い悩みが自転車の保管だそうです。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
SOLIDWORKSジャパンブログ(プロダクトデザイナー阿武優吉ブログ)でお馴染みの阿武さんがBike Shield製作について,Bike Shield制作依頼者で実際にBike Shieldを製造した株式会社依田工業所の依田社長との製作裏話対談をご覧ください! Profile: 依田 邦彦様 : 株式会社依田工業所 代表取締役社長 阿武 優吉様 : 株式会社アンノデザインオフィス 代表取締役 工業デザイナー 依田社長の趣味は自転車 最近は,特に都心部では,健康志向,エコ,渋滞等交通事情もあってか自転車人口が増えているのを感じますよね。実用的なママチャリから趣味の高級自転車まで種類も豊富になり,値段も車が買えるほどの高級なものまでさまざまあります。依田さんは,高校生のころからずっと生活の中に自転車があるような方で,ロードバイクだけじゃなくて自転車全般,特に最近はどちらかというとマウンテンバイクに凝っていて何台も自転車を持っている自転車大好き人間。最近,そんな依田さんのような自転車好きの中で最近多い悩みが自転車の保管だそうです。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
SOLIDWORKS 2016は,3Dモデルの印刷をサポートするさまざまな拡張があります。モデルで更にフィーチャーを追加する必要がなくなるなど,作業手順の低減化が図れます。 (モデルのスケーリングが可能) 印刷体積内で最大許容サイズに調整できます。この機能は,紙のプリンターと同様の感覚でプリント直前に調整することができ,プリンタの利便性も向上します。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
モデルベース定義 (MBD,図 1)とは,製品の製造情報(PMI)を取り込む手法です。寸法,公差,データム,部品表(BOM),表面仕上げ,注記,溶接記号,関連するメタデータといった PMI を 3D CAD ソフトウェアの 3D ソリッドモデルに付加することで,それぞれの構成部品や製品アセンブリの仕様を指定します。これらの仕様は従来,2D 設計図面として提供されてきました(図 2)。 ご覧のとおり,MBD ははるかに直感的で読み取りやすく,PMI も 3D 内にしっかりと取り込まれています。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago