2011年、新しい腕時計を買おうと思い立った私は、20代の頃の情熱が再燃するのを感じていました。 20年前はデパートで売られている腕時計でしたが、今回はもっと精巧な時計です。どんなタイプの時計が欲しいのかリサーチしていくうちに、あっという間に夢中になってしまい、20年前にはほとんど存在していなかった時計関連のブログやフォーラム、情報ソースなどから、あらゆる情報を得るようになりました。 始まりは1個の腕時計でしたが、4年以上にわたってあらゆる種類の腕時計を購入、販売、取引しているうちに、その数は30~40個になっていました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
17 hours ago
製品設計やエンジニアリングは、そのペースが速いという性質上、意思決定やフィードバックを速やかに行う必要があります。そうしないと、プロジェクトに支障をきたし、結果としてコストの増加や製品発表の遅延につながってしまいます。健全な製品開発プロセスでは多くの革新的なアイデアが生まれるものですが、概念開発においてどのアイデアを採用するのか、社内外の製品関係者全員のフィードバックに基づき速やかに判断する必要があります。 製品開発の迅速化には多くの企業が取り組んでおり、その実現には、意思決定における適切な人物からの協力や幅広い人々からのフィードバックの収集にかかる時間が特に重要になってきます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 days ago
Aker Solutionsは、ガス・石油業界に製品、システム、サービスを提供する世界的なプロバイダーで、ノルウェーに拠点を置く企業です。従業員数14,000名、世界20か国46拠点で事業を展開する創業175年の同社は、未来の世代のためにエネルギーを安全かつ持続的に供給するソリューションを開発しています。 キムラ シゲオ氏はAker Solutionsのシニア デザイン エンジニアです。この数年、エンジニア チームと協力して、モデルベース定義(MBD)の実装を推進しています。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
6 days ago
ブドウ収穫機から剪定ばさみまで、緑地保全機器メーカーのPellencは、R&Dに多額の投資により成長を実現してきました。60ライセンスのSOLIDWORKS 3D CADとSOLIDWORKS Flow Simulationを製品開発に活用する一方、外観や人間工学に基づく設計はアウトソーシングしています。 紙のドラフト モデルや設計者が提供した3DサーフェスをSOLIDWORKS CADに統合する際に生る問題を解決するため、PellencはSOLIDWORKS Industrial Designerを導入しました。また、社内の産業設計を移行したことにより、この企業はさらに革新性を高め、市場のニーズに対応できるようになりました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
9 days ago
昨年、「SOLIDWORKS Visualizeレンダリング コンテスト」Part1の実施後、引続き2017年11月から実施していたPart2でも5作品の応募をいただきました。応募いただいた皆様ありがとうございました!!どれも本物と見える作品ばかりです。Part1にもご参加いただいた方の作品では、それぞれ前回とは違うテイストで新たなワザが見えますよね。 こちらの5作品からお気に入りの1つを皆様に投票いただき、Top3を決定します。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
13 days ago
最近は、医療機器分野におけるエンジニアの活躍を紹介する話題に事欠きません。3Dプリンタで作った義手を寄付した「アイアンマン」のロバート・ダウニーJr.から革新的な陽子線治療によるがん細胞の破壊まで、医療機器設計のイノベーションは希望の光であり進化の証でもあります。設計者とエンジニアにとって、こうしたストーリーは、世界を良い方向へと変える彼らの力を証明するものでもあります。 このインフォグラフィック(情報の可視化手段)では、医療機器設計における最近の画期的な発明に注目し、科学により実現しつつある将来のテクノロジーをいち早くご紹介しています。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
14 days ago
こんにちは、阿武です。さて今回は前回の続き、ペンタブレットでSOLIDWORKS2018を使うお話です。前回落書きまでのお話をしましたが、今回は工業・プロダクトデザインの仕事でどう使えるのかを語りたいと思います。あくまでも「私ならこう使うかも」といった話なので、参考までにお読み下さい。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
20 days ago
次の画期的な宇宙航空技術に興味はありませんか?5月24日から26日にカルフォルニア州パサデナで開催される本年度のAerospace Electrical Systems Expoでは、参加しているエキスパートから、次回のフライトや最後のフロンティアについての何か話が聞けるかもしれません。 このイベント中、SOLIDWORKSとダッソー・システムズの航空宇宙/防衛分野のエキスパートが現地に赴き、当社の設計ソフトウェアを使用して製品の概念設計から市場投入までを行っている航空宇宙/防衛組織の事例をご紹介します。4019番ブースでは、当社の技術チームが業界固有のソリューションの詳細や、電気および機械設計におけるSOLIDWORKS Electricalの活用にご説明いたしますので、ぜひお立ち寄りください。 SOLIDWORKS Electrical 3Dでは、電気構成部品を配置し、SOLIDWORKSの高度なルーティング テクノロジーを使用して3次元モデル内の電気設計要素を自動的に相互接続できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
22 days ago
モデルベース定義(MBD)の成功の一因と言えば 3D PDF です。Adobe Reader はネット接続できるコンピュータの 95% に無償でインストールされており、3D PDF を手軽に表示することができます。今はオンラインの時代です。もう一段の飛躍を遂げて、3 次元コンテンツをウェブブラウザのページ上で直接取り出せるとしたら、Adobe Reader も不要だとしたら、素晴らしいと思いませんか。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
24 days ago
本ブログでご紹介している、SOLIDWORKSの基本的な機能や操作を説明する「1分動画」が、先日でvol.1〜vol.20まで公開となりました。操作に困った時にすぐ調べられるように、今回はその20件をまとめてご紹介いたします!SOLIDWORKSの操作に困った時のお役立て記事として永久保存版にしてください! ① 設計から製造 高品質の製品を低コストでより迅速に提供することが求められるようになった今、企業は設計から製造までのワークフローの合理化を常に考えています。優れた製品は優れた設計から始まります。SOLIDWORKSにはコンセプトから部品・アセンブリを作成 するためのツールが用意されています。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
28 days ago
SOLIDWORKS Composerは、グラフィック コンテンツを迅速かつ簡単に作成できるツールです。製品の仕組み、組み立て方や使い方、修理方法など、製品をわかりやすく正確に伝えることができます。直感的なSOLIDWORKS Composerソフトウェアなら、技術に詳しくないユーザーでも、3D CADデータを使って最新の2Dおよび3Dコンテンツを迅速かつ優れたコスト効率で作成できます。 何か新しいことを学び始めるのは、とにかく大変なものですね。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
30 days ago
先月、米国ロサンゼルスで開催された SOLIDWORKS WORLD 2018 では、DS SOLIDWORKS社の今後の取り組みのひとつとして 「Early Engagement」 が紹介されました。DS SOLIDWORKS社では科学技術教育の進展に貢献する為に学校教育や競技会・コンテストに参加する学生の活動を支援して来ました。今後も将来のキャリアパスを確約するために研究活動や学校教育、学生、SOLIDWORKS コミュニティをさらに支援していきます。 SOLIDWORKS WORLD 2018 では今回、はじめての取り組みとして学生向けセッション 「What’s Next ?
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
過去の「Drawingless or Paperless(英語)」のブログでは、MBD 導入に先立ってデジタル機器に巨額を投資する必要はないと明言しました。その一方で、MBD を導入してペーパーレスのプロセスもしっかり確立しているメーカーは世界中に存在します。今回は、ガルフストリームと Yaris Kabin の 2 社における革新的な事例について、どのようにインフラストラクチャー(ソフトウェアとハードウェア)を更新し、どのようなメリットがあったのかを見てみましょう。インフラストラクチャーの更新は、導入初期の必須事項ではないものの、MBD の効果を確実に高めるということをお分かりいただけると思います。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
こんにちは、阿武です。皆様ご無沙汰しております。前回から少し間が空いてしまい申し訳ございませんでした。実は、この期間に新しいネタを仕込んでおりました!今日から数回にわたってお話しさせて頂きます! SOLIDWORKS 2018の新機能。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
こんにちは、阿武です。皆様ご無沙汰しております。前回から少し間が空いてしまい申し訳ございませんでした。実は、この期間に新しいネタを仕込んでおりました!今日から数回にわたってお話しさせて頂きます! SOLIDWORKS 2018の新機能。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
SOLIDWORKS 2018では、たくさんの図面作成の機能を強化しています。 【3Dモデルビュー】 図面に新しいビューを追加すると、既存の3Dモデルビューがパレットに表示され、図面に挿入できます。アノテートタイプを選択できるさまざまなオプションが用意されており、ドラッグ&ドロップでビューを簡単に挿入できます。このモデルベースの設計機能により、図面作成にかかる時間が短縮されます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
毎年開催されるSOLDWORKS World では、一般プログラムが開始される前日の日曜日に認定試験DAYが設定されています。2018年2月4日(日) ロサンゼルスで開催された今年のSOLDWORKS World 2018の認定試験DAYは、いつもとちょっと違うものでした。SOLIDWORKS Professional認定試験(CSWP)の20周年を記念した特別な認定試験DAYだったからです! 今回受験可能な試験は、この日のためにリリースされたCSWP試験のみ。合格者には、この日のためだけに作られた20周年ロゴ入りCSWP認定証や20周年限定CSWPグッツ(ノートやチャージャー)が配られるなど、特別感満載のスペシャル試験DAYとなりました! なんとこの日は新規に受ける方だけではなく、この20周年記念限定の認定証を狙って、すでにCSWP取得済みの方も多数受験され、総勢200名以上のSOLIDWORKSユーザーが会場に集まりました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
SOLIDWORKS Visualizeレンダリング コンテストのPart2は作品募集中です!Part1で応募いただいた作品も素敵なものばかりでした。 SOLIDWORKS Visualize レンダリング コンテスト Part1 作品 Part1ではSOLIDWORKS賞を設け、作品をSOLIDWOKRSのノベルティに使わせていただくことになっていました。そのノベルティが完成しましたので、皆様にご紹介します。SOLIDWORKS賞は、アンノデザインオフィス様の作品「Tokyo Underground」でしたが、かっこいいタンブラーができあ上がりました! 今回Part2にご応募いただいた方全員にこちらのタンブラーをプレゼントします。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
SOLIDWORKS 2018ではアセンブリの機能がさらに強化されています。より迅速かつ簡単にアセンブリ設計をすすめることができます。 【回転オプション】 構成部品の直線パターン作成機能に回転オプションが追加されました。あらゆるタイプの設計作成をスピードアップでき、フィーチャーを追加する手間が省けます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
アイデアから完成品ができるまでの道のりを短縮し、エラーを減らしながら生産性を向上させることができたらどうでしょうか? 投資と管理の負荷を最小限に抑えた完璧なビジネス環境があなたの手元にあったらどうでしょう? SOLIDWORKS 3DEXPERIENCE PLM サービスは、クラウド上に設計、エンジニアリング、およびビジネス プロセス サービスを提供します。 製品の柔軟性と幅広いポートフォリオのサポートにより、企業はあらゆる規模のビジネス要件をソリューションでカバーすることができます。 SOLIDWORKS 3DEXPERIENCE PLM サービスは、製品の複雑さやチームの規模に関係なく、迅速な製品開発サイクルを必要とするユーザーの皆さんに、設計、エンジニアリング、およびビジネス プロセス サービスを提供するネイティブクラウドベースのソリューションを提供します。 市場にある他のPDMおよびPLMソリューションとは異なり、SOLIDWORKS 3DEXPERIENCE PLM サービスは、最小限の作業で開始でき、市場で最も洗練された機能を提供します。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
毎日お届けしてきた朝食昼食会場での様子。Day3の7:00。。。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
Day2、Breakout Sessionの様子をお伝えします。1つのセッションは、45分、または90分で区切られていて、1日に約60のBreakout Sessionがあります。参加している皆さんは、どのセッションでも見ることができるのですが、SOLIDWORKS World Japanと同様、ハンズオンセッションは人気があって、アジェンダが決まるやいなや、定員を超える多くの参加希望者が殺到します。 今回のSOLIDWORKS World 2018では、日本から参加する弊社エンジニアもセッションを持って活躍しているところをご紹介しましょう。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
SOLIDWORKS World 2018、いよいよ、2月5日(月)から、一般プログラムが開始されました。この写真は、月曜日の朝、ここから始まる1日目の風景。それこそ老若男女が、空いた席を見つけてただ朝食を食べ始めるのですが。。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
SOLIDWORKS2018 では 3D Interconnectの機能がさらに強化されています。 【フォーマットの変換作業が不要】 STEP・IGES・ACISといった中間フォーマットの変換作業が不要になり、そのままSOLIDWORKS アセンブリの構成部品として扱うことができます。 【ファイルの変更や置換を認識】 ニュートラル形式のファイルは、ファイルの変更や置換を認識します。また、サードパーティ製のネイティブファイルと同様に、削除や再インポートを行わなくても簡単に更新できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago