アセンブリには可動部品が多数含まれているので,可動範囲の自由度が高くなります。自由度が高くなるほどアセンブリの操作は難しくなるため,合致を追加したりして動作をある程度固定するなどしてきました。しかし,合致が複雑になった場合,位置決めに想像以上の時間がかかる場合があります。SOLIDWORKS 2016はこのような問題を合致コントローラで解決します。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
4 days ago
前回のモデルベース定義(MBD)導入に関する注意点(進捗を評価する)では,NIST の開発した MBD 能力評価について触れました。レベル 0 とレベル 1 の決定的な違いは,図面中心型かモデル中心型かという点だったと思います。今回はこれをもう少し掘り下げ,2 次元図面を設計の原本とするのをやめた方がよい理由を説明します。 表 1: MBD 導入における 10 の注意点 まずお聞きします。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
7 days ago
完成を目指して。 こんにちは,阿武です。今日は3D+手作業の(ハイブリッドアート)である(蜜の棚)の完成までについてお話します。まず,前回までにSOLIDWORKS Industrial Designerのフリーフォームで制作したハチの巣の3Dデータを,SOLIDWORKSで作業できるようにデータ変換します。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
22 days ago
SOLIDWORKS 2017では,断面を表示しながら作業するときの作業性を改善する優れた機能を利用できます。断面表示された構成部品やボディが透過表示できるため,断面平面によって非表示になっているジオメトリを常に完全に表示できます。 (PropertyManager) PropertyManagerの新しいオプションでは,構成部品を選択し透明度レベルを設定でき,複雑な設計であっても容易に認識できます。 (透明に設定) 断面図を作成する際に,個別のボディや構成部品を透明に設定できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
SOLIDWORKS Visualizeレンダリング コンテストのPart2を実施します!Part1ではSOLIDWORKS WORLD JAP展示.投票を行い,会場を盛り上げました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました!(もう少し時間があれば参加したかった)等の声に答えて,Part2を実施します!Part2では,2018年4月1日以降Web上で人気投票を行い,SOLIDWORKSジャパン ブログ上で当選発表を行います。TOP3 には賞品としてAmazonギフト券を差し上げます。 1位 Amazonギフト券 30,000円分 2位 Amazonギフト券 20,000円分 3位 Amazonギフト券 10,000円分 (応募者全員にノベルティ プレゼント) 下記コンテスト詳細ページで内容をご確認の上,是非ご参加ください!応募締め切りは,2018年3月30日(金)までです。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
SOLIDWORKS MBDは,生産作業の合理化を図るための製造工程統合ソリューションです。PMI(Product Manufacturing Information:製品製造情報)と3Dモデルデータを業界標準のファイル形式で定義,編成,共有できます。 (アノテート機能) 各3Dビューには,製造上重要な情報がわかりやすく表示されます。また,アノテートをすべて表示する機能や,表示平面に合わせてアノテートを自動的にフェードするダイナミックなアノテート機能もあります。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
モデルベース定義(MBD)は設計部門から始まるのが普通ですが,価値を十分に実現するためには,製造,検査,購買,サプライチェーンといった多様な部門とチームの参加が欠かせません。MBD イニシアチブにトップダウンの推進が必要とされる理由(英語)はここにもあります。今回のブログでは,MBD イニシアチブを設計部門以外の人々に展開していく方法について解説します。 MBD データは一般的に設計チームが作成を担当しますが,これはコインの一方の面にすぎません。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
前回の(MBD 導入における 10 の注意点 – 設計部門のみにとどめない)では,表 1 の(人)の要素,つまり本シリーズの第 1 章が完結しました。今回は第 2 章の(プロセス)に入り,特に手法,手順,ツールについて解説します。最初の注意点は(進捗を評価する)です。 表 1: MBD 導入における 10 の注意点 導入推進チームや経営幹部にとって情報の明確化は不可欠です。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
(フォーミュラカーを自作するぞ!)と題して,4回にわたってお届けした全日本学生フォーミュラ大会への学生達の取り組みですが,いよいよ最終回です。9月の大会をもって今年度の取り組みは終わりましたが,学生たちはもう来年への挑戦を始めています! 第4回でも少し触れましたが,学生フォーミュラ参加のチームの気持ちは,大会が終わった瞬間からもう翌年の大会にあるようです。今年の車両の見直しから来年の改良箇所を洗い出し,来年目指すゴールを達成するために具体的にどういうスケジュールでどこまで改良できるかを既に検討に入っています。このブログの取材でお世話になったWaseda Formula Projectからも既に来年に向けた活動企画書をいただきました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
SOLIDWORKS Simulation 2016では,部品の動きのシーケンス化とメッシュ品質のコントロールが改善され,特にユーザーから要望の高かった機能を搭載。スペシャリストから解析初心者まで,いっそう幅広く活用いただけます。 (サイドリリースクリップ) サイドリリースクリップでは,挿入と抜去の操作のパフォーマンスを検証することが重要。クリップを挿入および抜去する拘束は,0.5秒で挿入され,その位置に少し留まってから,0.25秒で抜去されます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
コンセプトの紹介,最終的な販売,マーケティング,カスタマー サービス コンテンツを作成する場合は,ベストな形で提示したいものです。SOLIDWORKSは,芸術的なレンダリングからユーザー マニュアルまで,コンテンツをすばやく簡単に作成するためのツールを提供します。市場投入を迅速化し,製品化される前に需要を創出することができます。 1.
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 month ago
今年8月にお知らせしたSOLIDWORKS Visualize レンダリング コンテストの応募作品を,11月7日,10日に行われた(SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2017)の大阪.東京それぞれ会場で展示し,人気投票を行いました。集計の結果を発表します! 人気投票第1位精密位置決めステージAYM850S 株式会社飯沼ゲージ製作所 土橋 美博様 (株)飯沼ゲージ製作所開発 サブミクロン位置決めを追及した超高精度ステージ 高分解能:0.1μm(実働分解能) 投票ブースにいらしていただいて方から,(これ写真じゃないんですか?)(マニアックなレンダリングですね)等のコメントがありました。 人気投票第2位香料ボトル 有限会社アイ.シー.アイデザイン研究所 飯田 吉秋様 ローズの香りをイメージ,ガラス瓶にシンプルに凹凸を造型,中央にブランドのGODをレイアウトした。すべてSOLIDWORKSで制作したオリジナル作品である。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
新しい製品を開発するときは,コンセプトから市場投入まで,可能な限り短時間で進めることが重要です。しかし,市場投入までの複雑なプロセスによって,投入期間が遅れることが多々あります。検査ドキュメントの作成,データの変換,モデル設計では,多くの面倒な作業が必要になります。コンカレントな設計.製造を実現することで,プロジェクト関係者に直接影響する作業への可視性が得られ,時間を節約して製品品質を改善できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
展示が決定! こんにちは,阿武です。まず皆様にひとつお知らせがあります。なんと,11月10日(金)に開催される(SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2017)の東京会場(ウェスティンホテル東京)にて(蜜の棚)が展示されることになりましたー!ありがとうございます!とても嬉しいです!しかし,会場のどこに展示されるのか,どのように展示されるのか,現時点で私は知りません..。皆様の中で(SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2017)にお越しになられる方がいましたら,当日会場内をウロウロと探してみてください。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
競争力を維持するには,製品の製造性予測を目標に限りなく近づける必要があります。ほとんどの製造作業は,設計部門とは別の建物で行われたり,外注されることもあるため,エンジニアは設計がどのように製造されるか逐一監視したり,発生する可能性のある不適合や脆弱さを確認できません。具体的な製造現場での経験がないことが多く,製造時にどの部分のコストが大きく上昇するか特定するのも困難です。SOLIDWORKSの製造性を考慮した設計機能では,組み立て時に問題に発展する可能性のある設計領域を特定し,生産に移行する前に修正できます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
これまでのブログでは,表 1 の(躊躇しない)(Part 1,Part 2)や(導入推進チームを設置する)を取り上げてきました。そうした導入推進チームのほとんどが,参加者の意識をどう高めるか,特にチームメンバー以外のモチベーションをどう引き出すか,という疑問に直面します。今回はその答えをいくつかご紹介しましょう。 2 次元図面から MBD に移行する際には,多種多様な抵抗を受けることになります。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 months ago
優れた設計は,イノベーション,品質,パフォーマンスから生まれます。優れた設計を実現するには,クリエイティブな発想を促進する柔軟性とともに,今日の複雑な製品をサポートできるパワーを備えたツールが必要です。適切な3D CADソフトウェアがあれば,あらゆる段階で最終製品を視覚化して製造上の問題を容易に特定できます。2D図面では,実際に生産段階に移行するまで,そうした問題に気付くことはできないでしょう。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
優れた設計は,イノベーション,品質,パフォーマンスから生まれます。優れた設計を実現するには,クリエイティブな発想を促進する柔軟性とともに,今日の複雑な製品をサポートできるパワーを備えたツールが必要です。適切な3D CADソフトウェアがあれば,あらゆる段階で最終製品を視覚化して製造上の問題を容易に特定できます。2D図面では,実際に生産段階に移行するまで,そうした問題に気付くことはできないでしょう。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
もしかしたら..。 こんにちは,阿武です。今回は前回に引き続きアート作品制作のお話です。前回描いたコンセプトスケッチに従って,フリーフォームでハチの巣の3Dデータを作成していきます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
新たな特長と機能が設計と製造の間のギャップを埋め,設計や製造の方法を変える より優れたアイデアの実現を求める声 SOLIDWORKS 2018には,ユーザーの要望や21世紀の製品開発ニーズに直接対応する,新たな特長と機能強化が導入されています。タッチ対応デバイスを活用できるよう改善されたユーザー インターフェイスを駆使して効率よく作業を進めることで,SOLIDWORKSで機能や製造基準に基づいて設計の最適な形状を自動的に生成したり,部品の加工に必要なNCツールパスを自動的に生成したりすることができます。これらの機能は,SOLIDWORKSが設計や製造にもたらす変革のほんの一部にすぎません。 SOLIDWORKS 2018の機能強化: ユーザー エクスペリエンスの大幅な改善 SOLIDWORKS 2018は,専用のタッチ スクリーン モードをサポートし,タッチ スクリーン デバイスで作業するための新しいパワフルな生産性向上ツール セットを備えています。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
新たな特長と機能が設計と製造の間のギャップを埋め,設計や製造の方法を変える より優れたアイデアの実現を求める声 SOLIDWORKS 2018には,ユーザーの要望や21世紀の製品開発ニーズに直接対応する,新たな特長と機能強化が導入されています。タッチ対応デバイスを活用できるよう改善されたユーザー インターフェイスを駆使して効率よく作業を進めることで,SOLIDWORKSで機能や製造基準に基づいて設計の最適な形状を自動的に生成したり,部品の加工に必要なNCツールパスを自動的に生成したりすることができます。これらの機能は,SOLIDWORKSが設計や製造にもたらす変革のほんの一部にすぎません。 SOLIDWORKS 2018の機能強化: ユーザー エクスペリエンスの大幅な改善 SOLIDWORKS 2018は,専用のタッチ スクリーン モードをサポートし,タッチ スクリーン デバイスで作業するための新しいパワフルな生産性向上ツール セットを備えています。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
9月5日(火)から9月9日(土)静岡県のエコパで(第15回学生フォーミュラ大会)が開催されました!ガソリン車(98校),EV車(17校)が参加し,アジアでは日本だけで開催される国際大会のため,タイ,中国,オーストラリアなどからの参加もみられました。日本で初めて学生フォーミュラ大会が開催された2003年には,17校だった参加校が昨年から100校を超えるようになり,今年は20-30校が予選で落ちているということです。(特集:フォーミュラカーを自作するぞ!第一回)でもご紹介しましたが,1980年アメリカで始まった学生フォーミュラ大会ですが,現在は日本やイギリスでも開催されています。学生フォーミュラ大会は,技術者の育成,技術も含め総合人材育成を目的に実施ているそうですが,イギリスではレーサーの育成も目的の1つだそうです。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
世界経済の競争が激しくなる中,お客様はよりクリエイティブで革新的な製品を求めるようになっています。競争力を維持するには,高品質な製品を製造しながらコストを管理することが重要です。コスト超過が発生する要因として,エンジニアリングから製造にシームレスに移行できないという課題があります。 プロセスを効率化して,設計を1つの段階から次の段階に引き渡す際にしばしば発生する中断を排除する必要があります。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago
世界経済の競争が激しくなる中,お客様はよりクリエイティブで革新的な製品を求めるようになっています。競争力を維持するには,高品質な製品を製造しながらコストを管理することが重要です。コスト超過が発生する要因として,エンジニアリングから製造にシームレスに移行できないという課題があります。 プロセスを効率化して,設計を1つの段階から次の段階に引き渡す際にしばしば発生する中断を排除する必要があります。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
3 months ago