Knapheide Truck Body Knapheide 社のトラック ボディー お客様訪問は、SOLIDWORKS 社員として最も楽しい仕事です。お客様が私たちのソフトウェアを使って、情熱を込めて製品を製作する光景を見るのはとても素晴らしい経験ですし、 生産ラインを見るのも楽しみです (ソフトウェア業界にはないので)。製品の設計、開発、製造に懸命に取り組んでいる姿を見て、私たちの製品が製作にどのように役立っているのかを知るのは感慨深いものです。 最近、イリノイ州クインシーにある Knapheide Manufacturing Company を(アメリカの製品担当が)訪問しました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
少し間が空いてしまいましたが、ユーザーインタビュー動画 第四話最終回は、SOLIDWORKSの導入と導入後の変化についてお聞きしました。 導入時には、プロジェクトを立ち上げ、他社CAD等の比較のために勉強会等を開いたというお話を伺いました。3次元CAD導入には、多くの方が関るので、それぞれの立場から意見を出し合って、最適な3次元CADを導入できるようにすることが大切です。SOLIDWORKSを選んだ理由、導入後どのような変化があったか、今後の課題等もお話しいただきました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
eDrawingsは、広く使用されているほとんどのCADシステムで作成された2次元および3次元設計データを参照することができる無料3Dビューアです。軽量ファイルで開けるので、電子メールで送信でき、パソコンやモバイル機器、タブレットなどを使用していれば、誰とでもデザインを共有し、コミュニケーションと取りながら作業できます。受取る人は、CADライセンスを購入している必要はなく、CADの使用方法も知っている必要はありません。eDrawingのコラボレーション機能を使用して、3Dモデルと図面を表示し、3Dアセンブリ内の部品を回転、非表示、または移動することができます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
eDrawingsは、広く使用されているほとんどのCADシステムで作成された2次元および3次元設計データを参照することができる無料3Dビューアです。軽量ファイルで開けるので、電子メールで送信でき、パソコンやモバイル機器、タブレットなどを使用していれば、誰とでもデザインを共有し、コミュニケーションと取りながら作業できます。受取る人は、CADライセンスを購入している必要はなく、CADの使用方法も知っている必要はありません。eDrawingのコラボレーション機能を使用して、3Dモデルと図面を表示し、3Dアセンブリ内の部品を回転、非表示、または移動することができます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
SW_2011_M_Designer_shot4 1 年も前のこと、機械設計者である友人と会う機会がありました。SOLIDWORKS 社員として、使っている CAD ソフトウェアを聞かないわけにはいきません。意外なことに、彼はいまだに紙と鉛筆がお気に入りなのですが、彼の小さなオフィスでも若いエンジニアは、 SOLIDWORKS を使っているとのことでした。紙と鉛筆をいまだに使っているというのは信じがたい話なので、さらに質問してみました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
SOLIDWORKSで作成したすべての板金部品やフィーチャーは、展開することが可能です。板金部品を作成するために欠かせない製造情報を活用することで、設計時間を大幅に短縮できます。 【スイープフランジにおける円筒形と円錐形への対応】 SOLIDWORKS 2012で導入された「スイープフランジ」は強力な板金設計ツールです。SOLIDWORKS 2014では、「スイープフランジ機能」に新しいオプションが加わり、アンフォールドする際に、どのエッジにアンカーを作成するかを正確に制御できるようになりました。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
SIM_Honda_Motorcycle 確かに、 2次元設計ツールでも十分に満足できると思います。何年もかけて 2次元設計ツールを使いこなせるようになったのに、まったく新しいツールで生産性を上げるために、習得に時間をかけ、そのために発生するダウンタイムに対処してまで 3次元CAD ツールに移行する理由とは何でしょうか。結局のところは、「壊れていなければ、直すことはない」と考えているのではないでしょうか。 実際には、これまでの 2次元設計ツールよりも優れた設計が迅速にでき、長期的にコストを抑えることができるようになるのです。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
SW_3DVIAComposer_cover-tajfun-approved-rev2_Sue 2次元設計ツールから 3次元CAD への移行は、大がかりな仕事に思われます。 限られたIT リソース、予算も厳しく、中小規模の企業にとっては、特にそうかもしれません。小さな組織にとって、重要な設計プロジェクトの途中に、少数のエンジニアであっても生産性が低下することは、3D導入の先行コストと同じく受け入れがたい課題です。 しかし、長期的に見ると、3D化によって小規模企業は敏捷性と競争力を高めることができ、3次元CAD を確実に導入しているであろう大規模な組織と同じフィールドで争うことができます。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
2次元設計から 3次元CAD への移行は、新しい製品の設計・製造方法の改善に利用できる新たな生産性ツールの扉を開きます。3Dによる設計の視覚化は、設計アイデアを伝え、設計コラボレーションを促進して、提案した設計に顧客が承認する可能性を大幅にアップさせます。 3Dレンダリングイメージを作成することで、設計者と製造エンジニアが部品間の干渉や衝突チェックを飛躍的に向上させることもできます。物理的に何か作るずっと前に確認でき、市場投入までの期間を短縮し、試作品作成のコストを削減できるのです。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
アメリカに住む人は、子供の頃、Cracker Jack(イメージの近い商品としては、日本ではビックリマンが有名ですね) の箱をお菓子そっちのけで探ったことをご存知ですか。シロップの香りがするキャンディコーティングのポップコーンとピーナッツは美味しかったのですが、まずは「おまけ」を取り出そうとしたのではないでしょうか。特別なおまけが付いた Cracker Jack はほかのお菓子とは別格でした。 CrackerJack 多くの皆さんは、何でこんな話をするのか不思議に思っているのではないでしょうか。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
今日のグローバル経済で、競争に勝ち抜くのはますます困難になっています。成功する経営者たちは、グローバルな環境でこれまでになく早い勢いで変化するビジネスの進め方にあわせることを重視します。そして、自らを変化させる必要性を認識し、組織の強みを活かした競争優位性の構築、ビジネスにおけるコスト削減を模索しています。 製品開発の世界で競争優位性の基本となるのは、製品力の向上と開発プロセスの最適化です。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
1 year ago
80年代はカセットテープを膨大にコレクションしていました。曲を好きな順に録音できるのが便利で、恥ずかしくなるようなミックステープを作っていました。CD が登場すると、音楽をもっと効率よく再生・録音できるようになって、今では、音楽はすっかりデジタル化され、購入しやすく、プレイリストでお気に入りの曲を保存して共有できるようになっています。テクノロジーが進歩するたびに便利になっていきますが、かつてコレクションした宝物のカセットテープはどうなるのでしょうか。
SOLIDWORKS JAPAN Blog
2 years ago