Knapheide Truck Body
Knapheide 社のトラック ボディー

お客様訪問は、SOLIDWORKS 社員として最も楽しい仕事です。お客様が私たちのソフトウェアを使って、情熱を込めて製品を製作する光景を見るのはとても素晴らしい経験ですし、 生産ラインを見るのも楽しみです (ソフトウェア業界にはないので)。製品の設計、開発、製造に懸命に取り組んでいる姿を見て、私たちの製品が製作にどのように役立っているのかを知るのは感慨深いものです。

最近、イリノイ州クインシーにある Knapheide Manufacturing Company を(アメリカの製品担当が)訪問しました。Knapheide 社は西部開拓者用の荷車製造から始まり、現在ではあらゆるタイプのトラック ボディーを製造しています。アメリカでは 165 年の歴史がある家族経営の企業は珍しく、設立当初から同種の製品を作っているのは興味深いところです。Knapheide 社の訪問で思いついたのが、「多様性」という言葉です。同社は、時代とともに変化し、顧客ニーズの先を読み、顧客の求める製品を開発してきました。

wagon

数年前に、Knapheide 社は製品ラインの拡大とビジネスの拡張のために 2次元CAD から 3D ソリューションへの移行が必要であると考えました。Chris Weiss 氏 (Knapheide 社エンジニアリング部門担当副社長) は、3次元CAD 製品、パートナー、ソリューションについてチームで独自の調査を実施し、SOLIDWORKS が最善である (もちろんです!) と判断をしました。以来、Knapheide 社は大きく成長し、時間のかかる多くのプロセスを 3D ソリューションで排除することができました。

当社の Web サイトでは、Knapheide 社チームの取り組みをビデオでご紹介しています。2D から 3D へと移行してビジネスをどのように拡張したのか、ぜひご確認ください (登録が必要な場合があります)。また、Knapheide 社の詳細なケース スタディもご覧いただけます。

SOLIDWORKS に関する詳細は、Webサイトをご覧いただくか、下記バナーをクリックしてお問い合わせください。

toiawase_500_130_2

 

 

 

 

 

 

吉田 聡

吉田 聡

マーケティング部 ポートフォリオ イントロダクション スペシャリスト


Categories: 2D to 3D, SOLIDWORKS JAPAN, 導入事例

You are not authorized to view this page No results found! Suggestions: Check spelling, try a different search, or browse topics below.